投資先を決めるときのポイントになるのがまずは

投資先というのは基本的には儲かるから、ということで決めることになるでしょう。つまりは将来性がある、ということです。株式投資のよいところは、財務諸表が公開されている、ということです。つまりは、その企業のとりあえずの経営状況がわかる、ということになります。そこで大事になってくることは?をついていないのか、ということです。上場する最低限の条件に監査があるので基本的には心配無用です。しかし、どうしても?をつく企業はありますし、それが理由で廃止されていたりします。ですから、必ずしも財務諸表を見る、ということが確実というわけではないのですが方法としてはよいことになりますから、覚えておく価値があるといえるでしょう。それはよいのですが、さすがに考えることもあります。それが投資金額です。多ければ多いだけリターンも大きくなりますが、さすがに怖いこともあります。そのあたりはしっかりと自制をすることも理解しておきましょう。https://www.fndg.co/hensai-point.html